ブラジャーの話

ヌーブラビーチのお手入れ方法!洗剤の種類に注意しよう!

投稿日:

今や、水着には欠かせないアイテムになっている『ヌーブラビーチ』。

通常のパットでは作ることのできないバストのボリューム…。一度ヌーブラビーチを使うと、もう普通のパットには戻れないなんて方も多いんです。

そんなヌーブラビーチですが、正しいお手入れ方法ってご存知ですか?

決められた方法でお手入れしないと、本来は1シーズン使うことのできるヌーブラビーチも、1回限りでダメになってしまうこともあるんです!

それなりのお値段がするヌーブラビーチですから、洗い方など正しいお手入れ方法を知って長持ちさせたいですよね。

今回はそんなヌーブラビーチのお手入れ方法について詳しく掘り下げます!!

スポンサーリンク

ヌーブラビーチのお手入れ方法 洗剤に注意!

ヌーブラをお使いの方、使った都度、ちゃんと洗ってますか?

今日は汗もかいてないし洗わなくてもいいかな…、なんていうのはNG!!

ヌーブラは、皮脂や汚れが付着したままだと、カップ内側の粘着力が衰えて、バストにくっつかなくなってしまうんです。

手洗いして、皮脂や汚れを除去することで初めて、ヌーブラの粘着力が復活するので、1回使用したら必ず洗う!ということを覚えておきましょう。

さて、通常のヌーブラだけでなく水着専用のヌーブラビーチも同じように、使用する都度キレイにする必要があります。

それではヌーブラビーチの洗い方について見ていきましょう。

手洗い?それとも洗濯機??

ヌーブラビーチを洗うときは、必ず手洗いで行いましょう。

普通のブラジャーの場合、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うことが多いかと思いますが、ヌーブラビーチの場合は絶対にNGなんです!!

ヌーブラビーチを洗濯機で洗ってしまうと、カップ内側の粘着力が失われてしまいます。

いつもの癖で、ネットに入れて洗濯機にポイ!はしないで下さいね。

使用OKな洗剤は?

ヌーブラビーチに使用することができる洗剤の種類も決まっているので、注意しましょう!

使用OKなのは、

☆保湿成分の含まれていない固形石鹸

☆保湿成分の含まれていないハンドソープ

☆保湿成分の含まれていないボディソープ

☆ヌーブラソープ

の4つです。

保湿成分を含んでいるもの、食器用洗剤、ブリーチ剤、アルコール消毒などは、ヌーブラビーチをいためてしまうので使用は厳禁です。

スポンサーリンク

最近は、固形石鹸を使うご家庭も少なくなってきていますし、そもそも保湿成分を含まないソープもあまり見かけないですよね?

なので、お家にある石鹸やソープで洗うのは難しいかもしれません。

ヌーブラの公式通販サイトで、お手入れに最も推奨されているのは【ヌーブラソープ】なんです。

ヌーブラソープとは?

ヌーブラソープとは、ヌーブラ専用の洗浄剤のこと。

カップの粘着部分に付着した汚れをきれいに洗い流し、清潔に保ってくれます。さらに乾かすと、再び新品同様の粘着力が復活します。

また泡状のソープが出てくるので、いちいち泡立てる必要もなく便利です。ワンプッシュで必要な量が出てくるのも助かります。(ヌーブラソープ1本で、50~100回分使用OKなので繰り返し使えます。)

ただお値段が1,620円とややお高めなのがデメリットかも…。

ですが、間違った洗剤でせっかくのヌーブラビーチをダメにしては元も子もありませんから、ヌーブラビーチと一緒に購入することをオススメします。

ヌーブラビーチを手洗いって、どうやってするの?

ここで、ヌーブラビーチの洗い方についてご説明します。

繰り返しになりますが、ヌーブラビーチは洗濯機は厳禁ですし、さらにつけおき洗いもNGなのでご注意下さい。

【ヌーブラビーチは絶対手洗い!】と覚えましょう。

1.洗面器にぬるま湯をためて、ヌーブラビーチを浸します。

2.手のひらに片方のヌーブラビーチを乗せたら、カップの上に洗浄液の泡をのせて、優しくこすり洗いします。

(このとき、爪をたてるなどしてカップの粘着部分を傷つけることのないよう気を付けて下さい。とにかく優しく丁寧に取り扱うことがポイントです!)

3.両方のヌーブラビーチを洗浄液で洗ったら、水で泡を流して、しっかり振って水気を飛ばします。最後にカップの『外側』からタオルをあててタオルドライします。
 
(カップ内側の粘着面にタオルをあててしまうのは厳禁!粘着部分にタオルの繊維などがついてしまうと、粘着力が弱まります。)

4.乾かすときも注意が必要です。直射日光のあたらない場所で、ホコリなどがつかないように吊り干しして下さい。

(乾かすとき、粘着部分がくっつかないように気を付けましょう。粘着部分がはがれてしまう危険があります。)

その他お手入れで注意したいこと

他にも以下のことに注意しましょう。

☆しっかり乾いたら、ヌーブラビーチを買ったときに入っていた専用ケースに入れてください。

ホコリやゴミなどが粘着面につかないように保管することが、ヌーブラビーチを長持ちさせる上で大切です。

☆早く乾かしたいからといって、ドライヤーを使うのは厳禁です。

☆粘着面をタオルやティッシュペーパーなどでふくことは絶対にやめましょう。

もし、粘着部分に何かがついてしまったら、傷つけないように注意しながら指でそっと取り除くようにして下さい。

まとめ

ヌーブラビーチは、安いタイプでも3,800円くらいしますから、耐用期間である1シーズン分をフルに使い切りたいですよね。

そのためには丁寧なお手入れがマスト!

手洗いなど、慣れないうちは面倒に感じてしまうかもしれません。ですが、お風呂ついでに一緒に洗うなど工夫して、ヌーブラビーチを少しでも長持ちさせてあげましょう。

スポンサーリンク

-ブラジャーの話
-,

Copyright© 美バスト研究部 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.